2人目妊娠への道②

2人目妊娠への道①

2018.05.21

前回の続きになります。

※今回は1人目妊娠中のナーバスな内容なので、人によっては不快に感じる表現がある可能性があります。

巣はどこだ

猫や犬の次のような行動を見たことがないでしょうか?いつもと違ってナーバスになり何かにとりつかれたように行ったり来たりして、思う存分動き回ったと思ったら、お産する場所に陣取った・・。そう、あの姿が巣篭もり本能と呼ばれる行動です。

引用:e-妊娠

人間にもあるとされているこの本能。

部屋を掃除したり、ベビーグッズを必要以上に揃えたくなったり…

生き物の中にはオスが巣を作り、メスにアピールする種もいるそうな…

そして、1人目妊娠を控えた私に夫が用意した巣…それは…

吉幾三:ドリーム

 

夫の実家ではなく私の実家です。

何故そんな事に…

 

お金がなかった!

本当に恥ずかしい。自分たちの恥を晒すようですが…

とにかくお金がなかったのです。

結婚して2年間は夫と名古屋で家賃8万円ぐらいの2LDKに住んでいて

夫の給料だけでも暮らしていけていましたし、私もフルタイムパートをしていました。

が…

親と仲が悪いわけでも、親が嫌いというわけでもないけれど

同居はイヤでした。

なによりあまりにも情けなかった。

別に親だって一緒に住みたいなんて思っていないですし

やっと手が離れたと思った娘と、娘を任せた男が帰ってくるんですよ?

普通に嫌だったと思います。

こうして誰一人喜ばない引っ越しをすることになりました

前向きになろう

人生初めての出産を控えて

我が子の為に用意する洋服やその他色々を買い揃えるのを楽しみにしていました。

お金は無いから高価なものは選べなくても、選べる範囲で好きな物を揃えようと思っていたのです

しかし

真顔にもなりますよ。

1個や2個なら貧乏を自覚していたので譲って貰えて「やったー」と思えたでしょうけど

本当に、思い当たる育児用品のほぼすべてを私に「欲しいか?」の確認もせずに貰って来たんですよ。

今思えばありがたいお話です。全部買おうと思うとかなり高額ですし

出産そのものにもお金はかかりますから…

でもその時の私にはそれを嬉しいと思える心の余裕がなかったのです


スポンサーリンク

理想と現実

「無計画に子供なんて作って」

そんな言葉を直接ではなくとも何回か言われました。

最初は腹も立ちましたが、こうなってしまっては事実でしかないわけです。

当時ツイッターもしてなかったですし、こんな情けない話は誰にも出来ず

朝から働いて、夜は深夜までアルバイトをしていた旦那にも言えるわけもなく

そのまま出産を迎え

その後1年間実家でお世話になったのです

 

産後1年実家で過ごした事で育児の面でも金銭的にもかなり助かりましたし

そりゃ嫌な事ばかりではなかったですよ!!

というか親が一番迷惑を被ったので、私は文句を言える立場じゃないです!

ありがとうお母さん!!!

 

あの頃の自分が成仏してくれない

そして、やっぱり2人目なのである程度落ち着きもあり

結局のところお古もあるのに買うのはな~ってなってますし…

2人目に失礼な話だけど、やはり1人目とは良くも悪くも違うんですね

他にも夫がとにかく出産に無関心だった事とか

出産を控えてジワジワと恐怖を感じていた私に「マタニティーブルーってやつ?」の一言で終わらせた事とか

真夜中の呼び出し→帝王切開が思ってた出産と違った~と言いやがった事

産後に育児は手伝ってくれたけど「義務だからやってるだけで正直可愛いとかは思ってない」と言った事…

今更言っても仕方がない事をとにかく全部吐き出させてもらいました。

本人は覚えていないことも多かったですけどね!

すみません!長くなってしまったのであと1回お付き合いいただけると幸いです!

結果はご存知の通りですが!

では次回!

 

りさ



スポンサーリンク