2人目妊娠への道③

こんにちは。息子が胃腸風邪になってPC作業が滞っていました。

すっかり元気になって、毎日ドラえもんシチューを作らされています。

息子作:黄色いドラえもん

ヒカキンさんの影響です

野菜も全部食べてくれるので助かってます!ありがとうヒカキンさん!

さて!では「2人目妊娠への道」最後の記事です!

①&②はコチラ↓

2人目妊娠への道②

2018.05.22

2人目妊娠への道①

2018.05.21

 

思いの丈をぶつけて…

私の個人的な思い出は置いておいても

妊娠をするという事はかなりの負担を伴うのは事実です。

実際に「2人目妊娠への道①」の記事を書いた後に共感の声をいくつかお聞きしました。

そして出産は命がけです。10か月もの間、自分の死とも向き合います。

正直怖いです。

今思えば、前回の記事で書いた事も所謂マタニティーブルーだったんだと思います。

「一過性の物」「ホルモンのせい」と言っても実際に傷つき、苦しみました。

そういった負担全てを一人で担う事を夫は知るべきだと思いましたし

私も自分の心の整理の為に言わなくて前に勧めなかったのです。

夫の不安

夫は夫で、当時の自分が私に負担をかけていたのある程度自覚していたので

私が産みたくないと頑なに拒否するのは「もう俺の子はいらないというのかも」という不安があったみたいです。

ご存知の方も多いとは思いますが

現在の夫は家事育児に非常に協力的であり、むしろ家事の大半をこなしています(笑)

そんな夫だからこそ2人目を育てていくことに関してはそれほど不安を感じてはいません。

←そんな夫は連載の方でお楽しみください(宣伝)

 

決断へ

夫は私が嫌なことを強要することも、私がしたいことを理由なく否定する事もしない人なので

私が言いたい事を言った後「もしかしたら夫は2人目を諦めるかもしれない」と少し思っていました。

でも夫はどうしても2人目が欲しかった。

そして私も、夫が2人目を諦めるかもしれないと思ったときに「それはちょっと嫌だな…」という気持ちがある事を感じ

私にとって1人目出産の思いを言語化した事は大きかったのだと思います。

やっと成仏できたような気がしました。忘れはしないですけど。

しょうもない事を考えてました。

そして…

なんと決断の翌々月に妊娠が発覚しました。

まさに授かりもの!!!

こうして現在に至ります。

そして旦那は宣言通り、安定期に入るまでの4か月間…つわりでダウンして食事も満足に作れなかった私に文句の一つも言わず家事育児をできる限りこなしてくれました。

現在はつわりも治まり、通常の生活を送っています。

まぁ元からほとんどの家事をしてくれてるのでそんなに変わりませんけどね(笑)

大したオチもないですが、今はただ無事に生まれてくれることを祈って、日々を過ごしております!

 

1人増える(予定)の我が家をまたボチボチ描いていきたいと思います!

ではでは!

 

りさ

 





1 個のコメント

  • 読んだ感想で一番に感じたのがハッピーエンド♡
    赤ちゃんって授かりものですね(。´艸`。)

    わたしも、夫が二人目欲しいって言ってくれてるのは嬉しくて、、でも私が辛いから厳しいな〜って感じで平行線です。わたしも、夫が二人目諦めたらそれは嫌で(;_;)
    わたしが余裕ができたら、また話し合ってみよう♫

    りささん、マタニティ生活無理しないでくださいね(^ω^)

    ドラえもんシチュー良いですね〜(^^)v
    うちも、シチューもウインナーも大好きだから作ってみようかな!アンパンマンでも応用効くかな〜
    マサくん、病み上がりかな?
    お大事にしてください(^ ^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です